睡眠の量と質

睡眠で心も軽く

睡眠を正しく取ることは、心にも良い影響を与えることになります。
ストレス社会といわれる現代ですが、良い睡眠をとることによって、ストレスの解消にも役立ちます。
深い眠りにつくためには、体温を少し下げやすくしておくと良いです。
身体が暖かすぎると、体温が下がりにくくなって、なかなか深い眠りには付けないものです。
お風呂に入ってすぐに眠るよりも、1時間くらい経過して、いつもの体温に戻ったタイミングがベストです。
眠るときにも、理想的な体の姿勢があります。
うつぶせの状態は、呼吸量の増える。
腹式呼吸になります。
そのため、疲労感も取れやすくなります。
これは一晩中ではなく、眠りに入るときだけで構いません。
うつ伏せで眠るのに、トライしてみるといいです。
胸の下には柔らかいクッションを入れ、楽な方向に首を向けて眠ります。
もしも布団に入っても、なかなか眠りに付けない時には、思い切って別のことをしましょう。
ベッドに入って考え事をする習慣は、脳が記憶してしまうので、そうならないよう別のことをしてリセットします。
眠りにつきやすくするために、早めに眠る習慣をつけると良いです。
睡眠のリズムも習慣化されますから、バランスも良くなります。
質の良い睡眠は、心にも影響しますから、簡単なことからトライしてみると良いでしょう。

睡眠は量より質が大事

疲労回復にも健康にも美容にも睡眠はとても大事な要素です。
しかし、ただ眠ればよいかというと決してそうではありません。
何時間眠ったかよりもぐっすり眠れたか、時間の長さより質が大切です。
寝ようと思ってもなかなか眠れなかったり、長時間眠っているのに寝起きの身体が重いということはありませんか。
もしかしたら睡眠の質が悪いのかもしれません。
では質の良い眠りをするにはどうすればよいのでしょうか。
脳も身体も休めるためにはリラックスした状態になることが必要です。
まずは寝室の環境づくりです。
部屋の温度や湿度、防音と遮光など眠りを妨げる要素を取り除きリラックスできる空間にすることが必要です。
食事のタイミングにも注意が必要です。
食後2時間から3時間は消化器官が活動しています。
消化器官が働いている間は脳も神経もしっかり休むことはできません。
眠る3時間前くらいまでに食事はすませておくべきです。
また就寝前のテレビやパソコンの利用は控えましょう。
ディスプレイの光が脳を刺激して眠りを妨げます。
眠る時間が短くても睡眠の質が良ければ疲れはとれます。
起きている時はアクティブに、寝ている時はリラックス、オンとオフの切り替えは鮮やかにしたいものです。


check


横浜の貸事務所情報が豊富にとり沿っています


横浜 貸事務所


エベレスト登頂に成功した偉業を称えて発表された冒険家ウォッチ、エクスプローラーを買い取ります


ロレックス エクスプローラー高価買取


犬や猫の食に関する情報を発信しています。


犬 ご飯 食べない


オリジンのキャットフードは愛猫の健康を整えることができます


オリジン キャットフード


Last update:2019/9/19


Copyright (C) 2015 「睡眠の効果」All rights reserved.